船釣り初心者に優しい新潟寝屋港の船長が教える!服装.道具.予約方法

船釣り初心者でも楽しめる方法

【目次】

 

「職場の人から釣りに誘われた」「趣味探しで船釣りを検討中」など、初めての船に乗って釣りをしてみたいと思っている方の中には、『何の道具を用意すれば?』『当日はどんな服装で行けばよい?』『そもそもどうやって釣り船を予約するの?』などなど、知らないことだらけですよね。

新潟県村上市寝屋港の昭和丸船長の本間が、船釣り初心者の方向けに必要な情報を出来るだけ優しくお伝えしたいと思います。

船釣り初心者の心構え

船釣りは、乗船する船の船長や同乗する他のお客さん達と共に自然を相手に楽しみながら行うスポーツです。

『ライフジャケットを必ず着る』『飲酒する場合は節度を守ってほどほどに』等の安全に乗船するためのルールと、乗合い(貸切ではなく他のお客さんもいること)の際は一緒に乗船する他のお客さんとお互いが気持ちよく船釣りを楽しむためのマナーを守る必要があります。

船釣りの際の具体的なマナーとしては、潮流しだいで隣の人とライン(釣り糸)が絡む事がありますが、その際はお互い様精神で「すみません」等の声をかけあいながら絡みを直す等です。あとは初対面の人に対する一般的なマナーや飲酒マナーを守っていれば問題ありません。

 

船釣りの際の服装


海上という特殊な環境で楽しむスポーツである船釣りは、着ていく服装によっては十分に楽しめなくなってしまいます。『寒さ対策』『紫外線対策』『雨や波しぶき対策』の船釣りの服装で気を付けるべき3つのポイントについてお伝えします。

船釣りの服装ポイント①寒さ対策

船釣りの際の服装として最も重要な事は『寒さ対策』です。

海上は陸と違って風を遮るものがありませんので、風を直に受けて実際の気温よりも体感温度は低いです。特に冬季は肌着も保温力の高いものを身に着けて、しっかりと着込んだ上に風を通さない厚手のアウターを着るなどの防寒対策が必要です。

動いて暑くなったら脱げば良いだけなので、少しオーバーに着込むくらいが丁度良いと思います。

 

船釣りの服装ポイント②紫外線対策

船釣りの際の服装として紫外線対策も大変重要です。

紫外線の浴びすぎは体に悪いですし、変な日焼けをして恥ずかしい思いをしたり、痛みが続いたりとあまり良い事はありません。

紫外線対策のポイントは

  • 日焼け止めを塗る
  • サングラスで目の紫外線対策
  • 暑くても長袖やフェイスカバーを着ける

など、肌の露出をできるだけ控える服装が船釣りでの紫外線対策となります。

船釣りの服装ポイント③雨や波しぶき対策

乗船する船によって雨や波しぶきがかかりにくい場合もありますが、船釣りは基本的に海上(外)で行うものですので、雨の日であれば雨に打たれますし、波や風の状況によっては波しぶきをたっぷり浴びる時もあります。

そのため、長靴や雨具を用意するといった雨や波しぶき対策が船釣りには必要です。

船釣りの際の服装といえば、シマノやダイワでビシッと決めれたら格好良いですが、高価な商品が多くなかなか手が出ないですよね。そんな方におすすめの船釣りの服のお店は『ワークマン』です。機能性はもちろんのことデザインが格好良い!それでいて値段はお手頃なので、ワークマンはコスパ最強だと思います。

船釣りで必要な道具(タックル)

船釣りに必要なタックル道具

船釣りと一言でいってもいろいろな釣りがあり、必要な道具(仕掛けも)それぞれです。

ここでは、水深30~80メートルで80g~120g程度のルアーを使い真鯛や根魚等を狙って釣行するルアー釣り(ライトジギングとタイラバ)で必要な道具(仕掛け)に関してご紹介させていただきます。

ライトジギングで使用するタックルは、『スピニングタックル』と『ベイトタックル』の主に2種類あります。

※レンタルタックルを用意している釣り船も多いので、最初から高額なタックルを買うのはハードルが高いと思った場合は、レンタルタックルを活用しましょう。

 

スピニングタックル

スピニングタックルとは

スピニングリールとは、スプールといわれる箇所がハンドルを回すことによって上下運動をしながら回転して糸をきれいに巻き取る仕掛けの一般的なリールです。

時には遠くに投げたりなど広範囲に探れるメリットがあります。

青物の力強さにも安定していて、時合い中に数を釣り上げやすい手返しの良さも魅力の一つです。

スピニングタックル1セットあれば、ライトジギングを十分に楽しめる万能タックルだと思います。

 

ベイトタックル

ベイトタックルとは

ベイトリールとは、スプールが前後に回転してラインを出したり巻いたりする仕掛けのリールで最大のメリットは仕掛けの着底がわかりやすく、根魚などの底取りが重要な魚が釣りやすいという事です。また、カウンター付のベイトリールであれば指示棚(船長が指示した水深)を狙う際に便利です。

タイラバといわれるルアーを使う際もタイラバに特化したベイトタックルがおすすめです。

また、近年流行っているジグを巧みに動かして魚に喰わせるスロージギングもベイトタックルが基本です。

スピニングタックルと比較してベイトタックルは繊細な釣りに対応したタックルと言えるのではないでしょうか。

 

ライトジギングのPEラインとリーダーの太さ

PEラインとショックリーダーの適した太さ(号数)

ライトジギングではPEラインを巻いた先にショックリーダーを結んで使います。

新潟県村上市寝屋港沖(粟島近海)のライトジギングに適したPEラインとショックリーダーの太さをご紹介します。

 

ライトジギングに適したPEラインの太さ

30~100メートル程度の水深を対象としたエリアで、真鯛や甘鯛などの赤い魚やキジハタ、マハタ、ソイ、メバルなどの根魚やパワーがあるワラサ(ブリより小さいサイズ)などの青物を対象としたライトジギングでは、PEラインの太さは1.0号~1.2号程度がおすすめです。ドラグ性能が良いリールの場合は0.8号でも良いですが、1.0~1.2号くらいが太すぎず細すぎずに安定した釣果がでます。

 

ライトジギングに適したリーダーの太さ

ショックリーダーの太さはPEラインとのバランスが大事で、上記に記載したPEラインの太さからショックリーダーは4~5号程度をおすすめします。

大型真鯛やブリでも無理をしない限りは切れず、それでいて喰いが落ちることのないのでPEラインが1.0~1.2号程度であれば丁度良いリーダーの太さです。

 

船釣りの予約方法

船釣りの予約は、釣りに行きたい地域の港から出ている遊漁船をインターネットで調べて電話で予約が基本的な船釣りの予約方法です。

インターネット以外でもその地域の釣り具屋さんで聞いたり、置いてあるパンフレットなどで釣り船の情報を得る事ができます。

遊漁船の船長によっては、ホームページの予約フォームからの予約やLINEからも予約可能な場合もありますので、乗りたいと思った船のホームページやブログなどから予約方法を確認して予約してみましょう。

※遊漁船のブログ例(釣り船昭和丸釣果ブログ

船釣りの予約後~予約日当日の流れ

友達と船釣りを楽しむグループ

船釣りを予約した後は、当日までワクワクしながら釣りの服装や道具を準備しましょう。

前日には予約している釣り船から出船可否の最終連絡があると思いますが、予約がきちんとされているかや当日に出船できる可能性はどのくらいかなど不安な場合は数日前でも遠慮なく問い合わせてみましょう。

出船日当日は、約束した時間に必ず遅れずに集合しましょう。万が一遅刻しそうな場合は、船長に状況を連絡をしてどうするべきかを確認しましょう。

予定通り出船できた際は、必ずライフジャケットを着用のうえ安全のために船長の指示にしたがい、釣りを思いきり楽しみましょう!

初めての船釣りの釣果が良かったとしても悪かったとしても多くの人はまたきっと船釣りに行きたくなるでしょう。それほど船釣りには魅力があります。

いつか船釣りに行ってもたいと思っていた人はさっそく最寄りの港の遊漁船を調べてみましょう。夢中になれる趣味に出会えるチャンスです!

 

船釣り初心者におすすめな新潟県村上市寝屋港

船釣り初心者におすすめな新潟県村上市寝屋漁港

新潟県最北端に位置した村上市寝屋港では、新潟県内はもちろん山形県、福島県、宮城県、群馬県や埼玉県など関東から船釣りに来られる方も船釣り初心者におすすめの港です。

春から秋は真鯛・甘鯛・マハタ・キジハタなどを狙ったタイラバ&ライトジギング便や秋限定のティップランボートエギング便、大物狙いとしては6~7月はクロマグロを狙ったキャスティング便や11月~1月は寒ブリを狙ったジギング便。またノドグロ(アカムツ)を狙った中深海便や夜間に漁火を焚いて行う電気釣り便に対応した船もあり、10艘ほどの釣り船(遊漁船)が在籍して各シーズンそれぞれの釣りに対応しています。

こちらのブログの運営者でもある私、新潟寝屋港の昭和丸船長が船釣り初心者の方にも優しく対応させていただきますのでお気軽にお問合せください。

 

 

昭和丸の予約・問い合わせ電話 0254-75-5151

 

▽LINEからご予約、お問合せ可能です。お気軽に友達登録してください♥▽

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。